よくあるご質問

サービス利用について

どのようにすれば、介護サービスを受けられますか?
介護保険を利用した介護サービスを受けるには、基本的に要介護(要支援)認定が必要です。要介護認定を受けるためには、認定を受ける方がお住まいの市町村の窓口に、申請を行う必要があります。「あくびの介護」では、ご本人さまやご家族さまの代わりに申請手続きの代行も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
相談したり、ケアプランを依頼したりすると、料金はかかりますか?
要支援、要介護の認定を受けられた方は、利用料金のご負担はありません。居宅介護支援(ケアプランの作成及びケアマネジメント)は他の介護サービスとは異なり、介護保険から全額給付されるため、ご利用者さまの自己負担は発生しません。
必要な介護サービスはどのように決めるのですか?
介護サービスの選択はご本人さま、ご家族さまのご希望で決めることができます。ケアマネージャーとご相談の上、適切なサービスをお選びください。当社の介護サービスには、ご自宅で利用できるサービス(訪問介護・訪問入浴等)、生活環境を整えるサービス(福祉用具貸与・住宅改修等)等があります。

訪問介護について

ヘルパーはいつでもサービス対応可能ですか?
ケアプランの内容や相談に応じて、土日祝日・お盆・年末年始関係なく、お伺いします。当初のプランから、曜日や時間を事前に変更することもできます。詳しくはお問い合わせください。
訪問介護の利用料金について教えてください。
訪問介護サービスのご利用料金は、介護保険の法定利用料に基づきます(1割または2割負担)。要介護度ごとに支給限度額が決まっており、その額を超えた場合には全額自己負担となります。また、介護保険の給付対象外のサービスについては全額自己負担となります。詳しくはお問い合わせください。
訪問介護では、どのようなサービスが利用できるのですか?
ケアプランに基づき、ホームヘルパー(介護の有資格者)が訪問します。食事の支度・掃除・洗濯・着替え・おむつ交換・入浴介助・通院同行・買い物など、お客さまの居宅での自立生活をご支援いたします。

訪問入浴について

訪問入浴サービスとは、どのようなサービスですか?
ご家庭での入浴が困難な方のご自宅に移動式の浴槽を搬入し、入浴を提供するサービスです。看護師を含めた3名のスタッフが訪問入浴車で訪問し、身体の状況などにより入浴が困難な方でも、安全で快適にご入浴いただけます。
自宅が狭かったり、高層階でも大丈夫でしょうか?
畳2畳ほどのスペースがあれば大丈夫です。団地やマンションの高層階であっても、状況に合わせて最も適切な方法でサービスを提供いたします。
家に駐車場がありませんが大丈夫でしょうか?
訪問入浴車は、警察の駐車許可場所、または近隣のパーキングに駐車いたします。ご訪問時には、近隣の方々の通行の邪魔にならないように充分に配慮いたします。

福祉用具について

福祉用具・介護用品とはどのような物でしょうか?
ご高齢の方や障害のある方が、日常生活を営む上で役に立つ用具・用品のことです。加齢と共に身体機能が低下した方、あるいは障害のある方が自立した日常生活を送るため、車いすや歩行器、杖、寝台をはじめ、ご本人の身体状況や環境に合わせて、さまざまな福祉用具・介護用品が開発・普及しています。こうした用具・用品を利用することで、介護をする方の負担を軽減できるメリットもあります。
福祉用具・介護用品の種類がたくさんあり、どれを選んでよいのかわかりません。
福祉用具専門相談員の資格を持つ専門スタッフが、ご利用者やご家族の希望を伺いながら、ご本人の身体状況や環境に合った福祉用具・介護用品をご提案いたします。詳しくはお問い合わせください。
レンタルしている福祉用具・介護用品が汚れたり、故障した場合の対応方法は?
どんなに優れた用具でも故障や汚れはつきものです。ご連絡をいただければ、適宜、迅速に対応いたします。